香川県高松に旅行に行ったんですがロケ地が近かったので行ってみました。

ロケ地の庵治町(アジ)は高松市街から車で30分ほどのところでした。


あいにくの天気だったので適当に撮ってます。

ちなみに今回使ったのはSIGMAの18-200mm F3.5-6.3のみ。

SONY Vario-Sonnar T* DT 16-80mm を購入するまではメインで使っていたレンズですがその後は最近はあまり出番がありませんでした。


売却も考えましたがやはりり普通の旅行の際はレンズを途中で変えるのは面倒で仕方ないと最近感じたため撮影がメインでなければ、旅行の際はこれを使うようになりました。

コンパクトカメラの代わり的に一眼を使うなら利便性は抜群ですね。

映画中最も印象的だった堤防。(近くには場違いな配色の鳥居?が・・・)

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



写真館です。一旦取り壊した後に移築されたもの。トイレ等が併設されています。

ドア開かないのかと引っ張ったらやたらと愛想のいい受付のオネイサンに挨拶されてしまいました。^_^;

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



中にはバイクがありました。(乗っていいそうです)

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



壁に貼ってあった香川県のポスター。

県のアピール用としてはいいできです。

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



ウオークマンのシーンの商店街。

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



ほんとは布団屋さん?

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



ブランコのある神社入り口

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



一見いい感じ。

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



実は意味無くかなり広いです。(左端がブランコ)

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3



ブランコからの景色

SIGMA 18-200mm F3.5-F6.3

Secret

TrackBackURL
→http://kimitosorafc.blog105.fc2.com/tb.php/13-5085e599